会員規約

森本ケンタ後援会会則

 

第1章 総則

【名称】
第1条 本会は森本ケンタ後援会と称する。


【事務局】
第2条 本会は事務局を広島県内に置く。


第2章 目的および事業

【目的】
第3条 本会は、森本ケンタの活動を応援・サポートする事を目的とする。


【事業】
第4条 本会はその目的を達成するために、次の事業を行なう。

(1)森本ケンタの活動運営を積極的に支援する事業。
 演奏会・ディナーショー等への協力。
(2)年1回後援会総会並びに懇親会を参加費別途徴収して実施する。
(3)森本ケンタの活動資金の援助。
(4)その他前項の目的を達成するために必要な事業


第3章 会員

【会員の資格】
第5条 本会の会員は、森本ケンタの活動を熱心に応援・サポートして下さる法人又は個人の方とする。

 

【入会】
第6条 本会の会員になりたいと希望するものは、所定の様式を用いて入会申し込みを行ない、原則会員の紹介により理事会で承認し、所定の会費を納めるものとする。

 

【会員資格の喪失】
第7条 会員は、次の各号の一つに該当する場合、その資格を失う。 
(1)脱会したとき
(2)死亡、または会員である法人が解散したとき
(3)会費を滞納したとき
(4)本会の名誉、信用を著しく傷つけ、または秩序を乱したと理事会等で判断されるとき。なお、退会に伴う年会費の返還は行なわない。

 

第4章 役員

 

【役員の種類】
第8条 本会に次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 4名 以内
(3)理事 20名 以内
(4)会計監事 2名以内
(5)事務局長 1名
(6)広報部長 1名

 

【役員の選任】
第9条 理事、および会計監事は総会において選任する。
会長、および副会長は理事会において理事の中から選任する。
事務局長、および広報部長は会長が委嘱する。

 

【役員の任期】
第10条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

 

【役員の職務】
第11条 役員の職務は次のとおりとする。
(1)会長は本会を代表し、これを主宰する。
(2)副会長は会長を補佐し、会長に事故がある場合は副会長がその職務を代行する。
(3)理事は理事会を構成し、本会の主要な会務を審議決定する。
(4)会計監事は会計、および会務執行の状況を監査する。
(5)事務局長は会長・副会長・理事会の指示に従い、会の運営に必要な事務を処理する。なお、事務局長は会長の承認を得て、必要に応じ職員を置くことができる。

 

第5章 名誉会長・名誉副会長・特別顧問・アドバイザー

第12条 本会には、名誉会長、名誉副会長、特別顧問、アドバイザーを置くことができる。名誉会長、名誉副会長、特別顧問、アドバイザーは会長が理事会の承認を得て委嘱する。

 

第6章 総会

第13条 総会は、会員をもって構成する。

 

【総会の招集】

第14条 
1.総会は毎年1回以上開催し、会長が召集する。
2.臨時総会は理事会が必要と認めたときに開催する。
3.総会の議長は、会長がこれに当たる。
4.総会は会員の半数以上(委任状を含む)をもって成立する。

 

【総会の決議事項】

第15条 次の事項は総会の決議を経なければならない。
(1)会則の変更
(2)事業計画、および収支予算の決定、ならびに変更
(3)事業報告、および会計報告の承認
(4)理事、および会計監事の選任
(5)その他、特に重要な事項

 

【総会の決議】
第16条 総会の決議は出席者の過半数をもって決する。可否同数のときは、議長が決する。なお、出席できない場合は委任状により議決権の行使を委任することができる。

 

第7章 理事会・会計監事

第17条 理事会は次により構成し、会計監事は次のとおりとする。
(1) 理事会は会長、副会長、および理事をもって構成する。
(2) 会計監事は理事会に出席し、意見を述べることができる。

 

【理事会の承認】

第18条 理事会は会長が招集する。理事会の議長は、会長がこれに当たる。

 

【理事会の決議事項】
第19条 次の事項は理事会の議決を経なければならない。
(1) 総会に提出する議案
(2) 総会から委嘱された事項
(3) 本会の活動、および会員の資格に関する案件
(4) その他、本会運営上特に重要な事項

 

【理事会の議決】
第20条 理事会の議決は出席した会長、副会長、理事の過半数をもって決する。可否同数のときは、議長が決する。

 

第8章 事務局・広報部

【事務局】

第21条 事務局および広報部は次のとおりとする。
(1)本会に事務局、および広報部を置く。
(2)事務局長、および広報部長は理事の中から会長が委嘱する。
(3)事務局に関し必要な事項は、理事会の決議により定める。
(4)会計担当は、事務局に置く。

 

第9章 会計

【収支】

第22条 本会の経費は、会員の会費、寄付金、補助金、事業収入、およびその他の収入をもってこれに当てる。会計担当は、継続しての再任を避ける。

 

【会費】

第23条 本会の会費は次のとおりとする。

-個人会員 年額(一口)10,000円
-法人会員 年額(一口)30,000円
法人会員は5名まで記名とする。

 

【事業年度】

第24条
1.本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。
2.本会の設立当初の会計年度の開始は、第24条第1項の規定にかかわらず、設立の日から2010年3月末までとする。

 

第10章 付則

第25条 本会設立当初の役員の任期は、第10条の規定にかかわらず、2011年3月末日までとする。